2015年3月10日火曜日

43.ナマステー(नमस्ते [namaste])- 尊敬の対象としてあなたを認識しています

नमस्ते
[namaste]

my salutations to you(尊敬の対象としてあなたを認識しています)



訳語だけ見て理解出来る言葉ではありません。

まず大きなヴィジョンを展開してもらって、

そして生活のなかで、見るもの全てにその意味を見ながら、

意味の理解を深めていく。

そのようなとてもスケールの大きい言葉です。



ナマステとは


「ナマステー」は1つの単語ではなく、2つの単語からなる言葉です。

「ナマハ(नमः [namaḥ])」と「テー(ते [te])」の2つの単語です。

「ナマハ」の原型は「ナマス(नमस् [namas])」です。

単品で使われる時は、連音変化によって「ナマス」が「ナマハ」になります。


ナマステの意味


「ナマハ」は、「尊敬や畏怖を持って認識しています」という意味です。

「テー」は目の前にいる「あなた」。

話し手が聞き手を指すときの代名詞です。

バガヴァーン(この宇宙全ての存在の名前)にも「ナマステー」と挨拶。

目の前の子供にも「ナマステー」と、同じように手を合わせて挨拶。

「神と子供が同じなんて、何と節操の無い!」と怒られそうですね。

多神教に見えて、実は「ここにある全てが1つのバガヴァーン」というヴェーダの教えでは、

全てのありとあらゆるものに「ナマハ」と言えるのです。

一神教も多神教も、個人が教えを飲み込むかどうかに委ねられた「信仰」です。

しかし「全てがバガヴァーン」というのは、個人が自分の頭で理解されるべき命題です。

「神」とか「バガヴァーン」とか呼ばれるにふさわしい存在は、

全ての知識と全ての能力でなければなりません。

限られた知識と限られた能力の持ち主なら、

「そこなへんのおっさんよりはもっとレベル高い人」ぐらいの存在なのですから、

そんな限られた個体を「神」として仰ぐのには、、、信仰が必要ですね。


バガヴァーンとは


全ての知識と全ての能力がバガヴァーンなら、

私の知識も勘違いも物忘れも、優れた能力もドンくささも、全てはバガヴァーンです。

全ての生物も無生物も、敵も見方も、全宇宙を一つにまとめて、バガヴァーンです。

バガヴァーンから切り離された存在など無いのです。

だから、バガヴァーンにも、目の前の子供にも、同じ神性を見出して、

両手のひらを合わせて、同じ「ナマステー」で挨拶出来るのです。





ナマステーでいっぱいのマントラ、ルッドラ(ナマカ)


ヴェーダのマントラの中で、特に強力で人気のある「ルッドラ・プラシュナ」。

北インドでも南インドでも、シヴァリンガのアビシェーカに毎朝使われているマントラです。

前後併せて早口で唱えても40分くらいかかる大きなマントラですが、

最初から最後まで、バガヴァーンに対して「ナマハ」を繰り返しています。

それゆえに、「ナマカ(ナマハを多く含むマントラ)」としても知られています。

ナマステー、アストゥ、バガヴァン、、、」

マントラの中でルッドラ(シヴァ)は、

泥棒の長、追いはぎの長、騙す者、完全に騙す者、醜い形、全ての形、、、

恐ろしくて、不快で、目を背けたくなるものも含め、

300以上続くルッドラの名前のひとつひとつに「ナマハ」と言って神性を見出すのです。

ハワイのビーチで夕日を眺めながら「全てはバガヴァーン!」というのは簡単ですが、

渡る世間の中で、「全てバガヴァーン!」と言い切れるには、

相当のバガヴァーンの知識の理解が必要です。

そのバガヴァーンの知識を教え、さらにその理解を深める生活を教えるのが、

ヴェーダとそれに関する文献(ギーターなど)です。


普遍的な意味のナマステー


そこまで知らなくても、もっと一般的な「ナマハ」の意味は、

「へりくだって尊敬を示すこと、(प्रह्वीभावः [prahvībhāvaḥ])」です。

へりくだるとは、何かを授かり受ける態勢を整えるということです。

そこで、誰に対してへりくだって、何を授かろうとしているのか?

伝統で勧められてる「この人達にナマハしたらいいよ!」のリストです。

1.バガヴァーンに対して「ナマハ」を示し、恩恵(グレース)を受ける態勢を整える。
  
  一億円欲しければ、一億円を持っている人に頼まないと意味が無い。
  
  この宇宙の全ての知識、能力、無尽蔵の資源を一つにまとめて、

  名前をつけたのが「バガヴァーン」です。

2.サンニャーシー(伝統知識文化の象徴)に「ナマハ」でも同じです。

3.ブラーンマナ(学識者)に「ナマハ」をして、自分の知識の受け入れ態勢を整える。


わざわざ勧めないと、大多数の人間は、お金や権力に「ナマハ」に走って行きます。

人間とは愚かなものですね。


結局は自分が何において価値を見出して、尊敬出来るかです。

伝統や知識に対して尊敬する姿勢を持ててこそ、知識が得られるのです。


= ナマステ関連 お楽しみコーナー =


私のお気に入りのNamasteプリーチ
とっても素敵で、純粋に笑えます!
お勧め!


有名人ナマステ・ショット集


スティーヴ・ジョブズ
この人はヴィーガンだったんですね。

オプラ・ウィンフリー
ナマステが似合ってる

パリス・ヒルトン!!
パリスちゃん、インドに来てたのね。
けっこうスピリチュアルに飛ばしてますね。
そんなところがやっぱりパリス。

ブラッド・ピット
ナマステを狙ったのかは不明。ヨーギーっぽい?

フランス大統領夫人、元スーパーモデルのカルラ・ブルーニ。
確か訪印したときはまだガールフレンドで、
インド政府は彼女を夫人として扱うべきかどうかで悩まされたらしい。

なぜかジョニー・デップのナマステ・ショットが多数見つかる。
なにゆえ?
パメラ・アンダーソンってヴェジタリアンなんですよ。
「彼女でも出来るなら、俺にも出来る」
と言ってヴェジタリアンになった人の話を聞いたことがあります。
最近訪印されたオバマ大統領夫妻

今回はこのくらいで、、、。


サンスクリット用語一覧 目次へ 


42.カウラヴァ(कौरवः [kauravaḥ] )



サンスクリット語を学び始めた人に、どうか知って欲しいあれこれ

サンスクリットは発音が大事!
「ヨガ」は「ヨーガ」、「ヨギ」は「ヨーギー」、
「ヨギーニ」は「ヨーギニー」です。

Medhaみちかの関連サイト

  • 長寿の薬 - 今日はディーパーヴァリ。 テンプルのランゴーリは今期卒業生のあいちゃんの力作。 今朝はテンプルのプラサーダムも、ラッドゥーや揚げ菓子・ポン菓子など、スペシャルなアイテムでいっぱい。 早朝クラスなどで遅れてやって来た私の為に、テンプルのアンマジが取り置きしてくれたプラサーダムを包んでくれ、Happy diipa...
  • ガネーシャを思いだすティータイム - アシュラムの近くのリタイアメント・ホームから帰って来ました。 あちらでは、午後ティーは4時からと遅めでスナック付き。 今日はガネーシャの好きなモーダカ (米粉の生地の中にココナッツとジャガリーを入れて蒸した捧げもの)と、 パンチャームリタ、そしてカーリーチャナ(黒いひよこ豆)、 と何だかガネーシャのプージャ...
  • パーニニを勉強する際には、 - 必ずアシュターディヤーイー・スートラパータ(अष्टाध्यायीसूत्रपाठः)を 手元に置いて見比べながら勉強してくださいね インドでも世界中の大学院でもそうですが、 努力してもパーニニの脳みそをゲット出来ていない人々に共通することは、 スートラパータ無しに勉強しているということです。 スートラパータ...
  • エーカーダシー・カレンダー 2017年~2018年  - 新月/満月から数えて約11日目は、エーカーダシーと呼ばれる日で、 ファスティングして心を清めるのに良い日とされています。 こちらをご参考に: エーカーダシーとは エーカーダシーをするときは、サンカルパが大事です。 心も身体も清潔に、モウナムを心がけて、 チャンティングやジャパなどをして過ごしましょう。 ...
  • 質問11: ベジタリアンになって栄養失調になった人の話を聞きます。 - そのような例がブログで紹介されていたりしますが、 オルトレキシアの良い例のようですね。 オルトレキシアとは、 ”極端もしくは過度な先入観によって引き起こされる摂食障害や精神障害” (Wikipediaより) 世界で何億人という人が、何世代も、肉や魚を食べずに、 健康で楽しく生きている現実を無視して、 ほん...
  • 新刊『サンスクリットの祈りの詩節集』 を発刊しました - [image: http://amzn.to/2dG8big] 本日10月11日のヴィジャヤ・ダシャミーという吉日に、 新刊『サンスクリットの祈りの詩節集』 のKindle版を発刊し、 紙の書籍版『サンスクリットの祈りの詩節集』(白黒・カラー)の入稿を済ませました。 音源はこちらからダウンロードできます。 ...
  • 6th Chapter 20th Sloka - *यत्रोपरमते चित्तं निरुद्धं योगसेवया ।* *यत्र चैवात्मनात्मानं पश्यन्नात्मनि तुष्यति* *॥**६.२०**॥* yatroparamate cittaṃ niruddhaṃ yogasevayā | yatra caivātm...
  • 神々を身近に感じる生き方、ヒンドゥイズム - 広大なインドの、どの地域のどの村でも、 ヴェーダの伝統が残る場所に行って、 そこなへんにいるおじさんやおばさんに、 「神様はどこにいますか?」 という質問をしたならば、 必ず驚いてキョトンとした顔をされるでしょう。 なぜなら、 「ここにある全ては神様(バガヴァーン)」 なのですから。 神様のい...
  • シュローカ19 ブランマンの定義に対する反論: - ブランマンの定義に対する反論: न युक्तं भूतयोनित्वंसाधनान्तरवर्जनात् । एकस्माच्चेतनाद्भूरिजडानामप्यसम्भवात् ॥१९॥ na yuktaṃ bhūtayonitvaṃ sādhanāntaravarjanāt | ekasmācce...

人気の投稿(過去30日間)