2014年5月23日金曜日

26.キラナ(किरणः [kiraṇaḥ])- 光線

किरणः 
[kiraṇaḥ] 

masculine - 光線 





インド男性の一般的な名前のひとつです。

太陽や月から降りてくる光の筋、という感じです。

この言葉は、ヴェーダーンタの文献の中には頻繁にみられませんが、

アドヴァイタ・マカランダという、ヴェーダーンタのエッセンスを詞的に表した本の冒頭で、

とても美しい詩節の中に登場します。


कटाक्षकिरणाचान्तनमन्मोहाब्धये नमः।
kaṭākṣakiraṇācāntanamanmohābdhaye namaḥ |

अनन्तानन्दकृष्णाय जगन्मङ्गलमूर्तये॥१॥
anantānandakṛṣṇāya jaganmaṅgalamūrtaye ||1||



とても大きな複合語(サマーサ)の中に、किरणः [kiraṇaḥ] 「キラナ」という今日の言葉が使われています。

詩節の最初の複合語、[kaṭākṣakiraṇācāntanamanmohābdhaye]には、

6つの単語が含まれています。

[kaṭākṣa]  (クリシュナの)目の片隅 
[kiraṇa] 光線
[ācānta] 干上がった
[namat] (クリシュナを)認識している人達
[moha] 混乱
[abdhi] 海

複合語の中で使われている言葉は、それぞれに意味的なつながりを持っている必要があります。

これらの言葉が互いにどのように関わっているのでしょうか。


「(クリシュナの)目の片隅」”の”「光線」

クリシュナの目から光線が放っている、とすると、その端っこの部分です。

まっすぐに直視しているのではなく、焦点はどこか別の場所にあって、

やっと視界に入っている、といった感じです。

クリシュナのGrace(恩恵)を受けるのには、

真正面にいなくても、端っこにいても受けられるということです。


「(クリシュナの)目の片隅の光線」”によって”「干上がった」

そんな、片隅からのわずかな光線でも、何かを完全に干上がらせることが出来るのですね。

何が干上がるのでしょうか。


「混乱」”の”「海」

混乱とは、無知とか、間違った認識です。

例えば、薄暗い場所で、ロープをヘビと見間違えて、叫びながら逃げたり、

朝焼けの浜辺で、貝殻を硬貨と見間違えて、喜んで拾ってみたり、

ロープや貝殻に対する無知から来る、ヘビや硬貨と言う勘違いです。

人生そんなことだらけで、喜んだり悲しんだりしながら、

あちこち飛び回って一生の時間が終わります。

こんな混乱の中でアップアップしているところから、「混乱の海」と言われるのです。


「(クリシュナを)認識している人達」”の”「混乱の海」

クリシュナを認識している、とはどういう意味でしょうか。

クリシュナとは、ここでは「イーシュワラ」を指します。

世界にある、無数の対象物について、

見たり感じたり出来る部分だけを理解しているのではなく、

それらの存在が可能になっている原因、それらを支えている原因に対しても

その存在を認識し、理解に努めている人達を、

「クリシュナ(イーシュワラ)を認識している人達」と呼びます。


「混乱の海」は、全ての人間に例外なくあるものです。

その中でも、「クリシュナ(イーシュワラ)を認識している人達」の「混乱の海」は、

どのようになるのでしょうか?


「(クリシュナを)認識している人達の混乱の海」”は”「(クリシュナの)”目の片隅の光線によって干上がった」

混乱の海が干上がるとは、どういうことでしょうか。

毎日のアップアップな世界が丸ごと無くなってのでしょうか。

そんなことはありません。世界は存在し続けます。

しかし、その人の世界の理解、現実の理解が、混乱から正しい理解へと正された時、

世界に対する混乱の海が干上がった、という表現になるのです。

なぜそこに、クリシュナが登場する必要があるのでしょうか?

他の神様ではだめなのでしょうか?

世界を正しく理解する為だけなら、ある程度の認識能力さえあればいいのではないのでしょうか?

クリシュナとは、イーシュワラのこと。

イーシュワラとは、この世界の全てのことです。

God@heaven.comのような、天国のどこかで座っていて、

あなたを地獄行きに審判するために待っている、

一個人の神様では、意味がありません。

全てのことである、イーシュワラを認識しない限り、

自分の理解も、自分を含む世界の全ての理解もありえません。

目の前の出来事に完全に捕らわれている近眼なものの見方では、

全てについての正しい理解をすることなど出来ません。

イーシュワラを認識しているゆえに、海を乾かすことが出来る「目の光線」を得られるのです。

「あそこに良いお医者さんがいる」と認識して、そこに行き、

「治してください」と頼んで、初めて、そのお医者さんの恩恵が受けられるのです。


それゆえに、「クリシュナ(イーシュワラ)を認識している人達」のみの、「混乱の海」が、

「(クリシュナの)”目の片隅の光線によって干上る」のですね。

そして、「干上がる」とは、「もともと海なんて無かった」ということが解かることだけなのです。





<< 前回の言葉 25.किम् [kim] - キム <<

何?という意味のサンスクリット語の疑問詞、代名詞です。






 

 >> 次回の言葉 27.कीटः [kīṭaḥ] - キータ >>

Medhaみちかの関連サイト

人気の投稿(過去30日間)