2014年3月2日日曜日

18.アイシュワリヤ(ऐश्वर्यम् [aiśvaryam])- 権力者であること

ऐश्वर्यम्
[aiśvaryam]


neuter - 権力者であること






アイシュワリヤの語源


前回のऐक्यम् [aikyam] アイキャ と同じように派生した言葉です。

「ईश्वर [īśvara] イーシュワラ」(権力者)という言葉に、

「ष्यञ् [ṣyañ] 」(~である事)という接尾語が付いて、

ऐश्वर्य [aiśvarya] (アイシュワリヤ)になります。

「ष्यञ् [ṣyañ] 」(~である事)という接尾語で終わる言葉は、

中性名詞と決まっているので、

ऐश्वर्यम्, ऐश्वर्ये, ऐश्वर्याणि ... と中性名詞の活用をします。


アイシュワリヤの意味


「ईश्वर [īśvara] イーシュワラ」という言葉の意味は、前に勉強しましたが、

それに(~である事)という接尾語が付くと、どのように使われるのでしょうか。


バガヴァーンとは


「バガヴァーン」の定義に、ऐश्वर्य [aiśvarya] (アイシュワリヤ)が出てきます。

バガヴァーンとは、文字通りに解釈すると、”「バガ」を持っている者”となります。

では、その「バガ」とは何ぞや?という事になりますね。

「バガ」の意味とは、、、

その1:

ऐश्वर्यस्य समग्रस्य धर्मस्य यशसः श्रियः ।
ज्ञानवैराग्ययोश्चैव षण्णां भग इतीरणा ॥
aiśvaryasya samagrasya dharmasya yaśasaḥ śriyaḥ |
jñānavairāgyayoścaiva ṣaṇṇāṃ bhaga itīraṇā ||

この宇宙にある全ての、そして絶対的な、以下の6つの要素のことを「バガ」と呼びます。
  1. ऐश्वर्यम् [aiśvarya] (アイシュワリヤ)・・・ 絶対的な統治/コントロールする力
  2. धर्मः [dharmaḥ](ダルマ)・・・ 全ての秩序
  3. यशः [yaśaḥ](ヤシャス)・・・ 全ての名声
  4. श्रीः [śrīḥ](シュリー)・・・ 全ての富
  5. ज्ञानम् [jñānam] (ニャーナ)・・・ 全ての知識
  6. वैराग्यम् [vairāgyam](ヴァイラーギャ)・・・ 絶対的公平
「全て」そして「絶対的レベル」は、壮大過ぎて把握出来無い感じがするので、

「個人レベル」から、この6つを見てみましょう。

  1. ऐश्वर्यम् [aiśvarya] (アイシュワリヤ)・・・統治/コントロールする力
個人の場合で考えると、目の前に歩いている小さなアリンコさんに対して、私達は、アイシュワリヤを持っています。

しかし、アリンコさんが、耳の中に入ってしまうと、私達にはもう、アイシュワリヤはありません。

このアイシュワリヤを、絶対的レベルで有しているもの ― それは全体であり、法則そのものでしか有り得ません。

     2. धर्मः [dharmaḥ](ダルマ)・・・ 秩序

サッティヤ(「ルタ」の項を参照)や、アヒムサー(「アウシャディー」の項で紹介予定)といった、価値や態度は、個人の場合だと、個人の限度や状況に応じて、妥協されまてしまいます。

個人の限度が無いのが、全体であり、絶対であるダルマです。

     3. यशः [yaśaḥ](ヤシャス)・・・ 名声

個人の名声は、いろんな意味で限られていますね。その限度が無いのが全体です。

     4. श्रीः [śrīḥ](シュリー)・・・ 富

これに関しては、個人の限度は分かりやすいですね。ここにある全ての富を指して、バガといいます。

    5. ज्ञानम् [jñānam] (ニャーナ)・・・ 知識
  
個人の知識は限られています。この宇宙の表現の全ては知識であり、その知識全体を指して、バガと呼ぶのです。

    6. वैराग्यम् [vairāgyam](ヴァイラーギャ)・・・ 公平

個人とは、沢山の好き嫌い=限度にまみれているので、公平さに欠けます。

全体の場合はその問題がありません。

これら6つの全体、そして絶対的レベルで有しているのが、バガヴァーンです。


その2:

話はぜんぜん変わりますが、南インドのケララ州の家庭の多くでは、

家屋の上部に、ラクシュミーの絵が飾られてあり、そこには、

「この家は、ラクシュミーのアイシュワリヤによって成り立っています」

と書かれているそうです。

伝統的なインドの文化では、結婚生活や、家庭を守っていく上で、

祈りの姿勢、つまりは「グレース」を認識する姿勢が、強調されています。

これも、家族や社会が、個人の為にうまく機能するための、ヴェーダ文化の智恵なのです。

結婚関係や家族関係が、

"個人の熱情や欲求を満たす事を目的とした関係”

ではなく、

"幸せを与えあいながら、成長できる関係”

として認識するには、ある程度の自分や世界についての理解が必要です。

自分は本当は何を求めているのか?

人間としての本当のゴールとは

世界は、私に対して、何の為にあるのか?

などの理解です。

どんな人間関係でも、そこに幸せや安定を探しているうちは、

いい気分と、がっかりした気分を交互に味わい続けるしかありません。


個人、宇宙全体の認識、祈り


「世界全体」という、もっと大きなヴィジョンを持つ為に、「祈り」があります。

大きなヴィジョンを持ちながら、人間関係を築く時、そこには、

責任感があり、宇宙全体に対する信頼感があり、

本当の意味での、心の平和があります。


このような祈りを思い出させてくれるような習慣が、

家庭の中で代々伝わっている文化は素晴らしいです。

この文化がこれからも伝わりますように。


== ऐश्वर्यम् [aiśvaryam] - アイシュワリヤ  が使われている文献 ==

ダクシナームールティ・ストートラム 最終節
सर्वात्मत्वमहाविभूतिसहितं स्यादीश्वरत्वं स्वतः
सिद्ध्येत् तत्पुनरष्टधा परिणतं चैश्वर्यमव्याहतम् ।
sarvātmatvamahāvibhūtisahitaṃ syādīśvaratvaṃ svataḥ
siddhyet tatpunaraṣṭadhā pariṇataṃ caiśvaryamavyāhatam |

ダクシナームールティ・ストートラムについて、プージャスワミジのレクチャーを元に、
意味だけでなく、文法的詳細を展開した本を書きました。
書き出すと長くなるので、この節の意味はまた今度。。。





<< 前回の言葉 17.ऐक्यम् [aikyam] - アイキャ <<

ひとつであること

   
        

>> 次回 19.アウシャディー औषधी - [auṣadhī] >>

薬草、ハーブ、野菜、食べ物を表すサンスクリットの言葉です。

Medhaみちかの関連サイト

人気の投稿(過去30日間)