2014年2月22日土曜日

16.オーシュタ(ओष्ठः [oṣṭhaḥ] )- くちびる

ओष्ठः
[oṣṭhaḥ]


masculine - くちびる




サンスクリット語の発声法


「オー」や「ウ」の音を出す時は、唇をすぼめますね。

また、「パ」や「バ」、「マ」という音を出す時にも、唇を使います。

これらの音を出す前には、両唇を一回キュッと閉じて、

それから、唇を開ける時に、これらの音が発声されるのです。

サンスクリット語では、言語の中で使われる音のひとつひとつにおいて、

どこの場所から、どのようにして発声されるかが、

事細かに分類されて、それがスートラ形式で教えられています。


上で紹介した「オー」「ウ」「パ」「バ」「マ」などの音が作られる場所は、

「唇(ओष्ठः [oṣṭhaḥ] - オーシュタ)」と分類されます。

普通は唇は2枚なので、スートラの中では、

「ओष्ठौ [oṣṭhau] - オーシュタウ」と両数の形で表現されます。



伝統的に、正しいサンスクリット語を勉強する際には必ず、

まず、発声法から勉強します。

このことについては、タイッティリーヤ・ウパニシャッドではっきりと述べられています。

ウパニッシャッドの冒頭から、

「シークシャー(発声法)について勉強しましょう」

と始まるのです。

さらに、シャンカラーチャーリアは、この部分のマントラについて、

まず一番に発声法を学ぶ重要性について記述しています

サンスクリット語が使われている学問の全ては、

先生から生徒へ、口伝によって引き継がれているのです。

正確に聞き取れる耳と、正確に発音出来る発音器官が頼りですから、

まず、きちんとした発声方法についての科学について、精通していなければならないのです。

ヴェーダを学ぶ際には、ヴェーダの理解を補助する目的で、

ヴェーダの他に6つの教科を学ぶ事になっています。

6つの教科の中で、一番最初にあるのが、発声法です。

発声法については、現在執筆中です。

近いうちに、ウェブでUPして、更新をしながら執筆をしようかな、と考えています。

日本や西洋の大学での勉強の進め方は、発声法という一番大事な部分が欠けています。

有名大学の有名教授でも、サンスクリット語の発音に関しては、

耳も(?)当てられません。


たかが発音、されど発音です。

先生から生徒へ、絶え間なく引き継がれた音には、

学ぶ人への愛情と、幸福を願う気持ちが込められています。


19世紀に、ヒンドゥーの文化を破壊する為にサンスクリットを勉強した学者達

(アントワン、マックス・ミュラー、モニエル、etc.)が残した教科書の中には、

反ヴェーダ文化の作為が、至る所に見られるので、

それらを勉強する事が、正しい方向へ導いてくれるかどうかには、疑問があります。



== ओष्ठः [oṣṭhaḥ] - オーシュタ  が使われている文献 ==

シクシャー(発声法)スートラ
उपूपध्मानीयायाम् ओष्ठौ ।
upūpadhmānīyāyām oṣṭhau ।

  • 長短含めた「ウ」の音
  • (サンスクリットの)パ行(प्, फ्, ब्, भ्, म् [p, ph, b, bh, m])
  • ウパッドマーニーヤ(प्,फ्の前のヴィサルガの音)

が作られる場所は、唇(ओष्ठौ [oṣṭhau] - オーシュタウ)です。





 << 前回の言葉 15.ओम् [om] - オーム <<
 
最重要単語なのに、最も間違って発音&理解されている言葉です。

伝統に沿ってきっちり学びましょう。

  
  

         >> 次回の言葉 17.ऐक्यम् [aikyam] - アイキャ >>

Medhaみちかの関連サイト

  • 長寿の薬 - 今日はディーパーヴァリ。 テンプルのランゴーリは今期卒業生のあいちゃんの力作。 今朝はテンプルのプラサーダムも、ラッドゥーや揚げ菓子・ポン菓子など、スペシャルなアイテムでいっぱい。 早朝クラスなどで遅れてやって来た私の為に、テンプルのアンマジが取り置きしてくれたプラサーダムを包んでくれ、Happy diipa...
  • ガネーシャを思いだすティータイム - アシュラムの近くのリタイアメント・ホームから帰って来ました。 あちらでは、午後ティーは4時からと遅めでスナック付き。 今日はガネーシャの好きなモーダカ (米粉の生地の中にココナッツとジャガリーを入れて蒸した捧げもの)と、 パンチャームリタ、そしてカーリーチャナ(黒いひよこ豆)、 と何だかガネーシャのプージャ...
  • パーニニを勉強する際には、 - 必ずアシュターディヤーイー・スートラパータ(अष्टाध्यायीसूत्रपाठः)を 手元に置いて見比べながら勉強してくださいね インドでも世界中の大学院でもそうですが、 努力してもパーニニの脳みそをゲット出来ていない人々に共通することは、 スートラパータ無しに勉強しているということです。 スートラパータ...
  • エーカーダシー・カレンダー 2017年~2018年  - 新月/満月から数えて約11日目は、エーカーダシーと呼ばれる日で、 ファスティングして心を清めるのに良い日とされています。 こちらをご参考に: エーカーダシーとは エーカーダシーをするときは、サンカルパが大事です。 心も身体も清潔に、モウナムを心がけて、 チャンティングやジャパなどをして過ごしましょう。 ...
  • 質問11: ベジタリアンになって栄養失調になった人の話を聞きます。 - そのような例がブログで紹介されていたりしますが、 オルトレキシアの良い例のようですね。 オルトレキシアとは、 ”極端もしくは過度な先入観によって引き起こされる摂食障害や精神障害” (Wikipediaより) 世界で何億人という人が、何世代も、肉や魚を食べずに、 健康で楽しく生きている現実を無視して、 ほん...
  • 新刊『サンスクリットの祈りの詩節集』 を発刊しました - [image: http://amzn.to/2dG8big] 本日10月11日のヴィジャヤ・ダシャミーという吉日に、 新刊『サンスクリットの祈りの詩節集』 のKindle版を発刊し、 紙の書籍版『サンスクリットの祈りの詩節集』(白黒・カラー)の入稿を済ませました。 音源はこちらからダウンロードできます。 ...
  • 6th Chapter 20th Sloka - *यत्रोपरमते चित्तं निरुद्धं योगसेवया ।* *यत्र चैवात्मनात्मानं पश्यन्नात्मनि तुष्यति* *॥**६.२०**॥* yatroparamate cittaṃ niruddhaṃ yogasevayā | yatra caivātm...
  • 神々を身近に感じる生き方、ヒンドゥイズム - 広大なインドの、どの地域のどの村でも、 ヴェーダの伝統が残る場所に行って、 そこなへんにいるおじさんやおばさんに、 「神様はどこにいますか?」 という質問をしたならば、 必ず驚いてキョトンとした顔をされるでしょう。 なぜなら、 「ここにある全ては神様(バガヴァーン)」 なのですから。 神様のい...
  • シュローカ19 ブランマンの定義に対する反論: - ブランマンの定義に対する反論: न युक्तं भूतयोनित्वंसाधनान्तरवर्जनात् । एकस्माच्चेतनाद्भूरिजडानामप्यसम्भवात् ॥१९॥ na yuktaṃ bhūtayonitvaṃ sādhanāntaravarjanāt | ekasmācce...

人気の投稿(過去30日間)