2014年2月3日月曜日

2.アジャ(अजः [ajaḥ])- 出生の無いもの(ブランマン)

अजः
[ajaḥ]


m. 出生の無いもの(ブランマン)



アジャの語源

न जायते इति अजः(生まれ無いもの、それがアジャ。)

「ジャ(ज [ja])」は、「ジャン(जन् [jan] )生まれる」という

動詞の原形から派生した言葉で、「出生、誕生」という意味です。

それが無いもの。

生まれて来なかった。

それなのに存在している。

そんなものってあるのでしょうか?


「生まれて無いのに存在するもの」なんて在るのか?


それは、昨日の「アタ(अथ [atha])」で勉強した、

「अव्यय [avyaya]」朽ち果てないもの、無くならないもの、

すなわち「永遠」です。

誕生したものは全て、誕生する前には存在していません。

そのようなものは、全て、永遠とは呼べません。

誕生したり、朽ち果てて無くなったりして、

休みなく生まれ変りをぐるぐる繰返している宇宙に、

存在を与え続けているのが、永遠です。

誕生日の無い、अजः [ajaḥ] 、永遠。

それは、全てのヴェーダが教えようとしている「ブランマン」の名前の一つです。


もう一つの意味


「アジャ(अजः [ajaḥ])」 はまた、「ヤギ」という意味もあります。

サンスクリット語は、一つの言葉に、実にいろいろな意味があります。

ゆえに、文献を勉強する時は、伝統的意味を理解し、

それを伝える為の深い学識のある先生に就く事が必須です。

「ブランマン」と「ヤギ」を取り違えては大変ですから!



=== アジャ(अजः [ajaḥ]) が使われている文献 === 

バガヴァッド・ギーター2章20節
अजो नित्यः शाश्वतोऽयं पुराणः ...
ajo nityaḥ śāśvato'yaṃ purāṇaḥ ...
この(アートマン=自己)は、अजः(生まれて来ず)、永遠で、変化せず、しかも常に新しい、、、


ヴィシュヌ・サハッスラナーマ・ストートラム
अजः सर्वेश्वरः सिद्धः ...
ajaḥ sarveśvaraḥ siddhaḥ ...
अजः(永遠)、全ての統治者、既に達成された、、、





<< 前の言葉 1.अथ [atha] - アタ <<

初めにおいて縁起の良い言葉、アタ。

なぜ縁起が良いのか、どのように使われているのかを
説明します。


>> 次の言葉 3.आत्मा [ātmā] - アートマン >>

シンプルに「私」という意味。
「今」という意味は私であり、「ここ」も私。

それと同時に、全ての人が探し求めている、
「幸福」の意味そのもの。

なぜそうなのかを説明します。

Medhaみちかの関連サイト

人気の投稿(過去30日間)